靴 の町

フランスの 靴 の町と言えばローマン市!!

ここローマン市から多くの有名な 靴 デザイナーが出ています。今では 靴 工場は海外に移ってしまい、ほとんど残っていませんが靴の博物館や、靴 のお店、靴 のモニュメントなどが以前の名残を見せます。

靴 の博物館修道院あとにあり、靴 歴史や変わった 靴 などが展示してあります。一見の価値があります。

ローマン市は小さい町ですが、靴 のお店がいたるところにあります。それと同時になどのお店もあります。

14世紀から皮なめしや 革 製品の製造が始まり、1850年頃から 靴 の製造に取り組んでいます。その後フランス内で 靴 の都ローマン市といわれるようになりました。

有名靴デザイナー

ステファン・ケリアン(Stephane Kelian)、シャルル ジョルダン(Charles Jourdan)、ロベール・クレジュリー(Robert Clergerie)、ロール・バッサル(Laure Bassal)などです。ブランドとしてはパリとうたっていますが、もともとはローマン市からでたデザイナーたちです。

博物館の 靴 イメージ
博物館の 靴 イメージ