オリーブオイル

南フランスのオリーブと オリーブオイル

フランスでも特に南フランスでは料理に オリーブ や オリーブオイル を使います。

南ドローム県プロバンスにあるニヨンス(Nyons)市では良質の オリーブ、 オリーブオイル を生産しています。

ニヨンスを含むプロバンスオリーブは非常に歴史が長く、紀元前600年にポカイア人マルセイユを築いたとき以来植えられています。

オリーブオイル を製造する技術はもう少し遅く、一世紀にローマ人によって、石臼を使ってオリーブオイルを作る技術ができています。

ニヨンスの オリーブオイル AOCで、色、におい、味ともに良いものです。オリーブ は袋詰め、ビン詰めがあり、 オリーブオイル はビンボトル、缶詰めになっています。

おいしい オリーブオイル を使った料理、ラタトゥイユ、アンショワヤード(ディップソース)、サラダのソースなどにぜひ使ってみてください。違いが分かるはずです。

オリーブオイル
オリーブオイル